スポンサーサイト

  • 2017.01.24 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    懐かしきビッグスターの横顔(三)長谷川一夫(1)

    • 2017.01.24 Tuesday
    • 12:01

     昭和初期から戦中戦後と二枚目の代表は何といっても、林長二郎こと長谷川一夫さんに他ならない。

     満州ハルピン市の映画館で観た、李香蘭とのコンビで「白蘭の歌」「熱砂の誓い」「支那の夜」は戦意高揚の映画とはいえ今も心に残っている。私は東宝、長谷川さんは大映、当時は五社協定があり他社の映画には出られなかったが、舞台での共演は可能であった。そして夢が実現した。

     長谷川さんは昔、暴漢に襲われた。安全カミソリ2枚を手にした暴漢に左頬を切られた。その傷は深く何十年たっても肉が上がってこなかったので、化粧には苦労しておられた。特に映画はアップで撮らざるを得ないので、ドーランで傷を埋める。そして強いライトを当てる。

    大映の照明の方に聞いた話だが、激しい立ち廻りをしても、キャメラの前にピタッと止まり、自分に当てられた光を顔に受ける。正に名人芸だ。  (続く)

     

    写真はウィキペディアより長谷川一夫氏

     


    Kazuo_Hasegawa.jpg

    スポンサーサイト

    • 2017.01.24 Tuesday
    • 12:01
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM